国家反逆罪

前回の記事の続きです。


ダンバートンからロクな人材が集まらない理由が分かりました。





こいつが怪しい。



真相を探るべく調査を進めると、証拠が出てきました。



やはり犯人は奴で間違いありません。


×

非ログインユーザーとして返信する